中川真依と潮田玲子を悩ませた性的画像。「ショックだし、傷ついた」

2021.03.06

  • 早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko
  • photo by Hayakusa Noriko/AFLO

「今だから語れる」と今回取材に応じてくれた中川真依さん(左)と潮田玲子さん
『特集:女性とスポーツ』第5回
潮田玲子×中川真依が語る女性アスリートが抱える問題(後編)

前編を読む>>  中編を読む>>

 3月8日は国際女性デー。1975年に国連によって制定されたこの日は、女性たちによってもたらされた勇気と決断を称える日だ。スポルティーバでは女性アスリートの地位向上を目指し、さまざまなテーマで「女性とスポーツ」を考えていく。

 元バドミントン日本代表の潮田玲子さんと、元高飛び込み日本代表の中川真依さんのインタビュー後編では、メディアに登場する際に直面する女性アスリートの戸惑いについて話を聞いた。

――お二人の活躍は多くの媒体で目にする機会がありました。ただ、望ましくない取り上げられ方をされたことも数知れずあったと思います。いかがでしょうか。

潮田玲子(以下:潮田) 本当に多かったですね。私はもう臭いものにはフタをする気持ちで「そういうメディアは見ない」と決めていました。

中川真依(以下:中川) 同じです。私も見なかったです。

潮田 バドミントンの場合、キャリーバッグをコートサイドに置くんですよ。試合の合間のインターバルでそのバッグからドリンクやタオルなど取り出すんですけど、同じサイドのすぐそばに撮影するメディアの人たちがバーっと並んでいるんです。

 汗を拭いている時とか、立ったまま体を折ってバッグからタオルとかを取ろうとすると、シャッター音がすごいんです。そのときに「あ、これ変なの撮られた!」って気づきました。

 それ以来、お尻をカメラの席に向けないようにしました。さらに立ったまま荷物を取ったり動かしたりすると胸元が見えたりするから、一度しゃがんでから取るように気をつけていました。

中川 でも試合中にそこに気を遣わないといけないのは嫌ですね。

潮田 そうなんです。でも結局あらゆる角度から撮られて破廉恥な感じで掲載されてしまって......。それがすごく嫌でした。バドミントンはプレー中にすごく足を開いたりするので、角度によって際どい感じに見えたりもするんです。

中川 だからって長袖でタートルネックを着てプレーするっていうのも考えられないですね。