2021.02.12

吉田知那美「ロコ・ソラーレには私の居場所があるな、と感じている」

  • 竹田聡一郎●取材・構成 text by Takeda Soichiro
  • 藤巻 剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

――他のチームメイトのことも聞かせてください。鈴木夕湖選手はいかがですか。

「私は、あらゆる意味で"天才"だと思っています。ああ見えて、カーリング界のことをしっかり見ているし、すごく考えてくれています。(他人に対して)垣根とか、バリアとかを作らない人だから、リーグ戦で他のチームの助っ人にいったり、ぴーちゃん(相田晃輔/コンサドーレ)と弥子(松澤弥子/ロコ・ステラ)のミックスダブルスの練習に付き合ったり、いろいろなところで頼られていますね。

 私にとっては(小笠原)歩ちゃんとか、(船山)弓枝ちゃんとか『ああ、こういうふうに技術を伝えてくれた先輩がいたなぁ』ということを思い出させてくれる存在。身近にいながらすごい技術を見せてくれる、そういう人になっていると思います」

――妹の夕梨花選手のことはどう見ていますか。

「夕梨花も、言葉に出さなくても、すごくたくさんのことを考えている人ですね。今はきっと言語化する力を養っている最中だと思うので、今後もぜひ、話を聞いてあげてください。名言が出てくると思います。

 また、今シーズンは体作りであったり、コンディショニングであったり、そういったことに時間をかけているのがすごく伝わってきました。基礎から体を作るのって、相当きつくて、根気がいる作業なんです。でもそれを、周囲に見せずに努力できる人。小さい頃、彼女の口癖は『無理』とか『できない』だったんですけれど、あの頃の夕梨花はもういないですね」

――そんな個性が強い選手がそろうチームにあって、知那美選手はどんな役割を果たしているのでしょうか。

「え~ッ!? 何だろう、何だろう? ちゃんと考えたことがないです、すみません......」

――外から見ていると、率先してメディアに対応したり、場合によっては(周囲から)チームを守ったりしている印象を受けます。

「いやいや、ちっぽけですよ、私なんて。でも、『私の役割はこう』っていうものがなくても、ロコ・ソラーレには居場所があるな、とは感じています」