2020.10.27

体操ニッポン復活のリオ五輪。内村航平が切り拓いた「新時代」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by PHOTO KISHIMOTO

「最初のつり輪で体の反応が良く、演習どおりにできて、力も入っていることが確認できた。それで自信をつかめて、平行棒と鉄棒に臨めた」

 田中がそう話したように、3番手を任された鉄棒でも15.166点を獲得。15点台を出した加藤と内村に続く形だった。5種目合計で、先に演技を終えていたロシアを0.208点上回るトップに立った。

「試合前は、2位くらいで最後のゆかに入れれば絶対に勝てると、皆で話していたので、『おっ、1番か! ラッキー』という感じでした。あとはもう気楽にやるだけだと思い、ゆかに出る内村さんや加藤さんとは『思い切ってやりましょう』と話していました」

 競技後にこう振り返った白井。予選のゆかは場外に踏み出すミスをしたが、「予選は元気過ぎたので、決勝は普通にやればいいと思って、いい意味で適当にやりました」と、自信を持って1番手として登場した。全選手中唯一の16点台となる16.133点をたたき出し、世界選手権種目別優勝のスペシャリストぶりを見せつけた。

 続く加藤も着実な演技で15.466点を獲得すると、6種目目となり疲労もピークに近づいていたはずの内村も15.600点を出し、合計を174.094点にして演技を終えた。疲れ切った内村の顔に浮かんでいたのは、喜びではなく安堵の表情だけだった。