2020.03.05

フェンシング太田雄貴、北京五輪銀メダルの裏にあった「背水の陣」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by AFLO

 だが、太田の気持ちは楽になっていた。先に終わった準決勝第1試合でベンヤミン・クライブリンク(ドイツ)が朱俊(中国)に15-4で圧勝していたからだ。大田は朱に対しては相性がよく、負ける気がしなかった。そのため、「ここでサンツォに負けても銅メダルを獲る確率は90%以上」と思っていたという。

準決勝のサンツォに勝利して、銀メダル以上を確定させた太田 これまでの2戦で大接戦だったサンツォは、序盤で太田の動きを見てきた。太田はそこを積極的に攻めて5連続ポイントを取り、5-1とリードする。そこから相手も戦法を変えて追いつき、接戦になった。

 そして、13-14と王手をかけられた時、太田は相手に勝ち急ぐ雰囲気を感じとった。その焦りを突いて14-14の1本勝負に持ち込んだ。サンツォの焦るような雰囲気は変わらない――。ここで太田は「出ていったら負ける」と判断し、自陣での勝負に持ち込み、相手の攻撃をかわして1本を取って勝負を決めた。

「あの瞬間は相手に攻撃権が移っていたので、突き直されていたら負けていました。僕がとっさにしゃがんでしまったのに驚いて、判断を誤ったのだと思います。本当に紙一重の勝負でした」