2020.02.01

世界の走りをタダで。東京五輪・
自転車ロードの観戦エリア拡大に期待

  • 門脇 正法●取材・文 text by Kadowaki Masanori
  • 門脇 そら●撮影 photo by Kadowaki Sora


「しかし、日本ではそういう応援は運営面や安全面で完全にアウトになってしまい、たぶんオリンピックでは三国峠は規制されてしまうと思っているんですが......。ここを規制してしまうと、本当は自転車ファンとしては頑張って応援する意味がなくなってしまうんですけどね......」

 そして、残念なことにテストイベントでも三国峠には規制が入ってしまい、沿道から生観戦して選手たちを応援することは不可能になってしまった。

 どこかに山中湖周辺で、三国峠に代わる絶好のフリー観戦ポイントはないのだろうか?

 そこで、Sportiva編集部は、テストイベントと東京オリンピック本番コース上にいくつかある、同じ場所で2回フリー観戦できるお得なポイントに注目してみた。そのひとつが、道志みちの出口に位置する平野交差点のバス待合所・観光案内所だった。

「自転車にはこれまで縁がなかったけど、東京オリンピック本番前に生で見られるのは、このチャンスしかないと思って来てみたんだよ」(前回の東京オリンピックも経験した80代の男性)

 テストイベント当日のこの場所には、編集部と同じ考えにたどりついた自転車愛好者のみならず、多くの地元住民、さらには他県からも観客たちが駆けつけ、東京の武蔵野の森公園で正午にレースがスタートした時点には、すでに多くの人たちで混み合っていた。

 レースがスタートしてから、約2時間30分が経った頃、「今、選手が駆け降りてきましたよー!」と、道志みちに隣接する古民家2階の特等席で観戦していた自転車ファンの声が、あたりに響き渡った。

道志みちからハイスピードで駆け抜ける集団はド迫力!