2020.01.29

思い出深い激闘。2004年アテネ五輪
「体操ニッポン」復活の名場面

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by PHOTO KISHIMOTO

 日本はさらに、つり輪でも冨田の予選を上回る9.787点を筆頭に、塚原も予選以上の9.712点を出し、水鳥寿思も9.625点と高得点を連発。アメリカはひとりがミスをして得点を伸ばせず、ついに日本はルーマニアに0.425点差の2位に上げた。

 このつり輪だけに出場した水鳥は、

「つり輪がいちばん苦手だったけれども、日本チーム全体が少し苦手にしていた種目なので、自分が貢献できるとしたらこれしかないと思って練習してきました。以前に比べればだいぶ腕も太くなったし、今まででいちばんいい演技ができたと思います」

 と、納得の笑みを見せた。

 次の跳馬では、スペシャリストのマリアン・ドラグレスクを擁するルーマニアに0.188点突き放されたが、鹿島と冨田、米田がしっかりと9.6点台と9.5点台を出して食らいついた。そして平行棒では、予選では少しミスのあった鹿島が9.737点を出すと冨田は9.700点、塚原も9.575点、と全員がミスのない演技でまとめた。