2020.01.10

白鵬が明かしたケガへの不安と
横綱としての覚悟「若手力士の壁になる」

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

 体にさまざまな不安を抱えながらも、私が前進できるのは「(将来ある)若手力士の"壁"になってやろう」という強い思いがあるからです。

 実際、関脇・朝乃山、小結・阿炎など、次の大関、横綱を狙える逸材が次々に頭角を現しています。とくに、昨年の夏場所(5月場所)で平幕優勝を果たした朝乃山のことは、2年前から注目していました。

 というのも、私と相撲の型が似ているんですよね。貪欲に稽古して、上を目指していってほしいと思います。

 さて、いよいよ初場所(1月場所)が始まります。前頭5枚目と番付を上げた炎鵬の活躍も楽しみですが、私も万全の態勢が整っています。横綱として、その仕事を全うしたいと思います。

 その後、2月には私の主催している少年相撲大会『白鵬杯』が開催されます。今年で10回目を迎えるこの大会は、日本のみならず、相撲を愛する少年たちが世界各国からやって来て、熱戦を繰り広げます。彼らの一生懸命な姿には、いつも心を打たれます。

 幕内の阿武咲のように、この大会に出場した少年が成長。幕内の土俵で活躍していることは、本当にうれしい限りです。

 そうした少年たちの「夢」を育む手伝いが少しでもできればと思っていますが、彼らに負けず、私もたくさんの「夢」を抱いて、これからも前へ、前へと突き進んでいきたいと思っています。

関連記事