2019.12.17

小平奈緒が長野でスイッチON。
ロシア勢に後れをとっていたワケ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Naoki Morita/AFLO SPORT

 こう言って笑顔を見せた小平は、今季を様々なことに挑戦する年にしている。1500mに出場することを決めたのもそのひとつで、「試合勘を養うため」と厳しいスケジュールで大会に出ていることもそうだ。

 結城コーチも「まだ、大会や種目を選ぶシーズンではないなと。筋肉量の面に関しても、本来はスケートで使うのかなと思うようなところのトレーニングにフォーカスしたり、500mには必要ないかなというような持久系のところにも少しフォーカスしています。でも、初日の500mのラスト200mの滑りを見ると、やっぱり1500mなどをやっていることが土台になるというところが、本人の中でも証明されるかなと思っています。3年後は平昌五輪の時と同じタイムでは勝てないので、(今季は)どうやって五輪本番で速くするかということを考える年だと思います」と話す。

 さらに結城コーチは「ここまでの4戦まで、スキップしないでやっているのはブリタニー・ボウ(アメリカ)と小平だけ。これがおそらくは、来年2月に生きてくると思います」とも語った。

 その2月に行なわれるのは、標高が高くて記録が出やすいソルトレークシティで開催される世界距離別選手権。小平は次の五輪を見据えつつ、今季距離別選手権に合わせてじっくりと仕上げようとしている。

関連記事