2019.11.18

番組のピンチを救った男が明かす、
スポーツ『SASUKE』の勝利学

  • 本田雄士●撮影 photo by Honda Takeshi 協力/TBS

 もちろん、初出場で完璧なメンタルコントロールをできる人はひとりもいません。しかし、そこまで高いレベルではなくても、本番で普段の力を発揮できるようにする簡単な方法はあります。

・普段から本番を想定した練習をする。

・実力は100パーセント出せれば言うことなし。80パーセントでもOK。120パーセントを求めてはいけない。

・本番日も普段と同じように行動する。

 最も重要なのは、普段と同じように行動すること。本番を特別視しないことです。この意識を持っていれば、本番で必要以上に不安になることはないでしょうし、自分の実力以上を出そうとして変に気合を入れすぎて我を失ったり、勝負日だからと普段食べないような食事を口にしたり、ウォーミングアップの内容を激しくしすぎたりというような失敗を避けることができます。

 次回以降、これらをより具体的な内容にした僕のSASUKEに対するアプローチ法をご紹介していきます。

(第2回につづく)

■今週の格言: SASUKEという「スポーツ」で活躍する方法を考えよう!

<プロフィール> 森本裕介 Morimoto Yusuke

1991年12月21日生まれ、高知県出身。IDEC株式会社にソフトウェア・エンジニアとして勤務。7歳でSASUKEに目覚め、15歳のときに第18回大会(2007年)で初出場。2015年に史上4人目の完全制覇を達成。第35回、36回大会で出場者100人中唯一FINALステージに進出した、現役最強のSASUKEプレーヤー

関連記事