2019.11.02

中部電力、世界トップへの再出発。
第一関門PACC突破にも自信アリ

  • 竹田聡一郎●文 text&photo by Takeda Soichiro

 そんなシーズンに向けて、リードの石郷岡葉純が「高い目標が大渋滞ですけれど、やりがいはありますし、楽しいです」と言って笑みを見せれば、チーム最年長でサードの松村千秋も「うちは目標を口に出して、チーム内でしっかり確認し合ったほうが、いい結果につながることが多い。(PACCでは)日本代表の責任感を持ちながらも、プレッシャーは抱えずにがんばってきます」と語って笑顔で出発した。

 なかなか結果が出ないシーズン序盤を過ごしたが、このPACCを前にあらためて目標を確認し、それを口に出したのは、彼女たちにとってポジティブなことに違いない。目指すは、あくまで世界のトップだ。簡単な目標ではないが、十分に狙えるポテンシャルの片鱗は3月の世界選手権で見せてくれた。あとは、これまで積んだ経験を、技術と戦術にどう変換していくか。

 アジア経由で世界のトップへ。女王・中部電力のチャレンジはこれからが本番だ。

関連記事