2019.10.27

部屋から脱走し帰国した旭天鵬。
なぜ相撲界への復帰を決断したのか

  • 武田葉月●取材・構成 text&photo by Takeda Hazuki

 一方、旭鷲山はぐいぐい番付を上げて、1995年春場所、新十両に昇進しました。モンゴル人初の関取になったことで、日本のメディアはもちろん、モンゴル国内でも大騒ぎになりました。

 関取になれば給料をもらえるし、付け人も付く。これまでの生活が一変します。一緒にモンゴルから来日して、身近なライバルだったはずの旭鷲山が、ひと足早く違う世界に行ってしまった――。

 これには、普段は闘争心を表に出すタイプでない僕も、燃えないはずがありません。1年後の1996年春場所、僕は21歳で新十両に昇進しました。

 モンゴルから日本にやってきて4年。「将来が見えない」と悩んで、入門半年でモンゴルに逃げ帰り、両親にはずいぶん迷惑をかけてしまった。なかなか気持ちが定まらない僕を、黙って信じて見守ってくれたのも両親です。両親には早く恩返しをしたいと思っていました。

 関取になってもらった給料で、自分が買いたいものはとくになかったので、当時流行っていた自動車『パジェロ』を両親に贈りました。その頃のモンゴルは道路事情が悪くて、四駆の自動車があれば、家族は移動が便利だろうな……と、前から考えていたんです。

 その資金の400~500万円は、当然ローンです(笑)。両親、とくに父はパジェロをとても気に入ってくれて、10年以上大事に乗ってくれました。

旭鷲山らとともにモンゴルでの相撲ブームの火付け役となった旭天鵬 僕が幕内に定着したと言えるのは、1999年夏場所、3度目の入幕を果たした頃からでしょうか。

 その間、同期生の旭鷲山は、土俵上でさまざまな技を繰り出して、「技のデパート・モンゴル支店」なるニックネームで人気者になっていたのですが、2000年初場所で、僕も初めての三賞となる敢闘賞をいただき、「ようやく旭鷲山に追いついたかな?」という気持ちでした。

 僕たちモンゴル人6人が大島部屋に入門してから、8年が経っていました。

 翌年には3人に減りましたが、旭鷲山と僕は幕内に定着し、細身の旭天山(旭嵐山から改名)は幕下で奮闘。旭鷲山の入幕をきっかけに、モンゴル国内で起きた”相撲ブーム”はどんどん盛り上がっていきました。