2019.10.20

旭天鵬には謎だった日本で角界入り
「サムライや忍者がいると思った」

  • 武田葉月●取材・構成 text&photo by Takeda Hazuki

 その頃は、親方や兄弟子が僕たちに何かを伝えたくても、お互いに言葉が通じないので、モンゴル人の通訳が僕たちに付いていました。日常会話はまだしも、通訳も相撲のことはよくわからないらしく、四股やテッポウの意味がわからないまま、僕たちは稽古させられていました。

 2月29日、大阪で新弟子検査がありました。僕は身長189.5cm、体重93kgで合格。ちなみに、モンゴル人6人は全員、体格検査をクリアし、僕は親方から「旭天鵬」という四股名をいただきました。

 四股名の「鵬」には意味があります。優勝32回の大横綱・大鵬関は、ウクライナ人の血が流れていたそうですが、僕の立ちが若き日の大鵬関に似ていたため、「鵬」の字を譲り受ける形でいただいた四股名なのです。

 こうして、僕は力士としてのスタートを切りましたが、相撲部屋での生活は疑問ばかりでしたね。

(つづく)

友綱勝(ともづな・まさる)
元関脇・旭天鵬。本名:太田勝。1974年9月13日生まれ。モンゴル・ナライハ出身。迫力のある寄りを生かした若々しい取り口で、40歳10カ月まで土俵をつとめた。幕内優勝1回、三賞受賞7回。2005年に日本国籍を取得。2015年7月場所限りで引退、年寄・大島を襲名。2017年に友綱部屋を継承、モンゴル出身者として初めての「部屋持ち親方」となり、現在は11人の弟子を育てている。
友綱部屋公式サイトはこちら>>

関連記事