2019.08.21

重量挙げの魅力に取りつかれた男。
五輪でメダルに迫った池畑大の大誤算

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • Photo by Hitoshi Mochizuki/AFLO

 だが、残念ながらメダルには届かなかった。得意のクリーン&ジャークの165kgはAグループを含めても3位だったが、トータルは1位の選手が世界新の307.5kgで、2位は305kg。3位は302.5kgで池畑は4位だった。3位になったペシャロフ(ブルガリア)はクリーン&ジャークで162.5kgを2回続けて失敗したが、3回目は連続試技を避けるために165kgに上げて成功していた。もし彼が3回連続で失敗していれば、池畑は3位に入れていた。Bグループでのこの結果は称賛に値するものだった。

「そりゃあ、4位より3位のほうがいいけど、欲をいったらキリがありません。4位に満足しています。でも、終わってしまうと欲も出てくるものだから……」

 彼にとってこの結果は、本当に力を出し尽くした価値のある4位だった。だが、競技終了後にも「五輪はこれが最初で最後と決めています」と話した池畑だったが、ウエイトリフティングの魅力から逃れられなかった。結局、00年シドニー五輪に30歳で出場した彼は、カテゴリー変更となった62㎏級でトータル300㎏を挙げて6位になり、連続入賞を果たしたのだった。

関連記事