2019.03.14

平成最後の本場所で貴景勝の
大関獲りは実現するか――錣山親方の視点

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki


昨年夏場所以来の優勝が期待される鶴竜 その白鵬にも相撲の”巧さ”で上回っているのは、もうひとりの横綱・鶴竜です。すでに33歳ですが、体に張りがあって、まだまだ若いです。初日こそ、小結・御嶽海に敗れてしまいましたが、昨年の夏場所(5月場所)以来の優勝もあるでしょう。

 豪栄道、高安ら大関陣は、力はあるのですが、ポカが多すぎますね。とくに高安は、勢いのある相撲を取りますが、「勝った!」と思って突っ込んでいったところで、土俵際で逆転を喫する――そんな取組がしばしば見受けられます。そういう相撲が少なくなれば、もっと番数は上がるはずなんですが……。

 世間的に最も注目されているのは、今場所「大関獲り」の期待が膨らむ貴景勝でしょうか。昨年の九州場所(11月場所)で初優勝を飾って、先の初場所でも11勝。昇進の可能性は十分にあると思います。

 とはいえ、貴景勝は先場所にもチャンスがありながら、千秋楽の豪栄道戦に敗れて、大関昇進は見送りとなりました。しかもあの一番、貴景勝にとっては、自らの弱点をさらす黒星になってしまいました。

 というのは、相手からすると、立ち合いから押し込んでいけば、貴景勝は引いてくれるから、引かれてもさらに押し込めば勝てる――という”勝ちパターン”があることを露呈してしまったわけです。

 対戦相手の多くがそれを把握したうえで挑んでくる今場所、貴景勝はそういう相手にどう対処していくのか。「大関獲り」は、この点にかかってくるのではないでしょうか。