2019.02.11

ロコ・ソラーレだけじゃない。
カーリング女王をかけた戦いは激アツだ

  • 竹田聡一郎●文 text&photo by Takeda Soichiro

 さらに、秋の遠征から平昌五輪の男子代表であるSC軽井沢クラブのスキップだった両角友佑がコーチに就任。それもまた、大きなプラス要素なっている。

「これまでは、ショットセレクションが正しいのか、正しくないのか、探り探りやってきた部分もあったけれど、コーチが『この選択もあったね』と他のオプションを示しつつ、『こっちのほうがベターじゃないかな』と正解を言ってくれるのは、本当に助かります。どんなコーチ? 優しいですよ」

 そうスキップの中嶋が語るように、両角コーチによる戦術面、メンタル面のサポートはかなり期待できる。まずは、確実にクオリファイを決めたい。

「そだねー」や「もぐもぐタイム」など流行語にもなった平昌五輪の盛り上がりから1年、国内のカーリングの知名度、競技力が間違いなく上がっている。4年に一度のブームに終わらせないためにも、ハイレベルな攻防を期待したい。

【書籍紹介】0から1をつくる
      地元で見つけた、世界での勝ち方

【著者】本橋麻里
【発行】講談社
【定価】880円+税
※詳細はこちら>>

関連記事