2018.05.12

馬場ふみか、リングに上がる
「へなちょこパンチ」は当たるのか?

 インターバルで水分補給をして、次はキックを蹴ってみる。

 ミットめがけて右足を振り抜くと、バシッ!っといい音。スタッフ陣から驚きが混じった「おおー!」という歓声が上がった。

 何度か蹴っていくと、右足のすねの内側から甲のあたりが赤くなってきた。

「赤くなっている位置は蹴り足が当たっている位置として正解です。じゃあ左もいってみましょう!」(大桑さん)

 左足もいい音が鳴ったが、「右と違って痛いです」と言うので確認してみると、右に比べて左はすねの外側で蹴っていたことがわかった。

「ほんとだ!赤い位置が違う。これまで舞台とかでも右足では蹴ったことがあるので慣れていたんですが、左は難しいですね」(馬場さん)

「じゃあ、最後は3分動き続けましょう」(大桑さん)