2018.04.11

本橋麻里もアイスに。カーリング
LS北見が世界最高峰タイトルに挑む

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • photo by Sho Tamura/AFLO SPORT

 併せて、チャンピオンズ・カップではポジションも変更されそうだ。吉田夕と鈴木夕湖のフロントエンドはそのままだが、サードに本橋、スキップに吉田知那美が入ると出発前にメディアの前で明言した。

 2010年の日本ジュニア選手権以来、約8年ぶりにスキップを務めるという吉田知は、「勝っても、負けても大収穫だから、楽しみながらがんばります」と独特の言い回しで意気込みを語った。

 LS北見は、来季のチーム構成については「5月の代表決定戦(vs富士急)が終わってから、チームでゆっくり考えます」と、それぞれの去就はいまだ明かしてしない。ともあれ、ツアークライマックスの2大会でのパフォーマンスや結果が、来季、さらには4年後に向けて、チームのさらなる糧となることは間違いない。

◆五輪メダルも通過点。カーリングの「ど変態」本橋麻里の戦いは続く>>

◆「無双」のカーリング藤澤五月。ミックスダブルスも世界を驚かせる!>>

◆カーリング女子、世界レベルを知った富士急は、LS北見に勝てるか?>>

関連記事