2018.03.18

平野歩夢のUSオープン優勝にみる、
日本がスノボ王国となる可能性

  • 徳原 海●文・写真 text&photo by Tokuhara Kai

 そんな片山は、2本目のランが実にすばらしかった。なかなか練習で立てていなかったというバックサイドダブルコーク1260で見事に着地に成功すると、最後はそこからのフロントサイドダブルコーク1260を抜群の高さでメイクし、目の肥えたアメリカのファンから大喝采を浴びる。86.75のハイスコアを叩き出し、五輪銅メダリストのスコッティ・ジェームズのポイントを上回った。

片山來夢はキャリア最高の滑りを大舞台で披露「メダル常連の歩夢、スコッティと自分が並ぶなんて、ちょっと信じられなかったです(笑)。Xゲームズ、五輪では思ったように点が伸びずに悔しい思いをしていたので、USオープンでこうやってしっかり自分の滑りが評価されて、しかも歩夢とワンツーが取れたというのは本当にうれしい。それに、歩夢がまだ上にいるというのが、これから先に向けてもいいモチベーションになります。来季は自分のしたいスノーボードをもっともっと突き詰めてトップを目指したいですね」

 男子ハーフパイプでの快挙に大きな注目が集まったが、実は女子ハーフパイプでも日本人ライダーが躍進を遂げた。平昌五輪では6位に入賞した松本遥奈だ。5位で迎えた3本目のファイナルランで、なんと大会では初めてルーティンに組み込んだというフロントサイド1080を鮮やかに成功させ、78.75ポイントをマークして逆転で3位をゲット。日本人女性ライダーとしては初のUSオープン表彰台となった。