2018.03.16

自称・オーバー稽古症候群。
38歳・豪風が決断した十両からの再出発

  • 武田葉月●取材・文 text&photo by Takeda Hazuki

 豪風が敬意を込めて語る。

「(安美錦関は)大ケガが原因で十両に下がって、そこから這い上がってきた。その精神を持ち続けることは、とても難しいことだと思います」

 豪風は、安美錦の敢闘賞受賞にも触発された。今年初場所では、気持ちも新たにして、現役続行へさらなる闘志を燃やしていた。

 ただ、気持ちだけで勝てるほど、甘い世界ではない。思うように体が動かず、9日目には1勝8敗と早くも負け越しが決定。最終的に、前頭13枚目の地位では十両陥落も免れない5勝10敗に終わった。

「(十両陥落が決まって)2週間くらいは何も考えず、毎日10時間くらい寝ていました。現役続行か、引退か、どちらを選んでもイバラの道ですからね。でも、しばらくしたら、本能的に心と体が動き始めたんです」

 初場所後の状況について、そう振り返った豪風。それでも、現役続行か、引退か、明確な答えはなかなか見出せていなかった。

 そんなとき、2月10日の花相撲において、横綱の白鵬に声をかけられた。その言葉が、現役続行への決め手となったという。

「(白鵬関から)『もう(気持ちは)すっきりしたか? まだまだ一緒に現役をやっていこうな』って、言われたんです。あのひと言で『(現役で)やる!』と決めました。

 現役続行を決めた以上、もうカッコいい辞め方はできない。でもそれなら、『ボロボロになるまでやってみよう』と」