2018.02.23

カーリング女子。マナーを知らぬ
韓国ファンが、逆に日本の勝利を呼ぶ

  • 竹田聡一郎●取材・文 text by Takeda Soichiro
  • photo by JMPA

 やはり、どのスポーツにおいても日韓戦は特別、という意識があるのだろう。しかも、メダルのかかった準決勝ということになれば、熱狂の度合いは間違いなく跳ね上がる。会場には「テーハミング!」の大合唱が響き渡り、その中で平常心を保てないのは、逆に韓国チームとなる可能性は十分にある。


大一番の準決勝。地元・韓国相手にどんな戦いを見せるか 運命の準決勝は、2月23日の夜20時05分開始。

 ラウンドロビン4位の日本は1位の韓国に挑む立場ゆえ、先攻でゲームを始めることになる。まずは、リードの吉田夕梨花がしっかりとドローを投げて、アイスの情報を集めつつ、韓国にじわりじわりと重圧をかけていきたい。

◆世界が驚くカーリング女子。チームを作った本橋麻里「8年前の想い」>>

◆「カーリングの変態」本橋麻里の献身でつかんだLS北見の五輪切符>>

◆日本歴代カーリング美女ギャラリー>>

関連記事