2018.02.17

カーリング日本女子が快進撃。
厄介なアイスに負けずメダルに突き進む

  • 竹田聡一郎●取材・文 text by Takeda Soichiro
  • photo by JMPA/Kishimoto Tsutomu

 今回は男子日本代表のSC軽井沢クラブも出場している。LS北見にとっては、石やアイスの情報を交換し、引き続き共闘していくことも大事になる。

 優勝候補のカナダが連敗を喫し、参加10カ国によるリーグ戦は混戦模様。星の奪い合いは熾烈な争いになりそうだ。クオリファイ(4強入り)のボーダーは6勝。首位通過には、7勝か、8勝が必要か。

 これからは世界ランキング上位勢との対戦が待ち受けている。LS北見にとって厳しい戦いが続くが、史上初のメダル獲得へ、確実に前進していることは間違いない。

【フォトギャラリー】平昌五輪で奮闘中!カーリング女子日本代表>>

◆「カーリングの変態」本橋麻里の献身でつかんだLS北見の五輪切符>>

◆日本歴代カーリング美女ギャラリー>>

◆日本カーリング史上初の五輪メダルへ準備は整った>>

関連記事