2018.02.13

初勝利は「韓国+北朝鮮」戦で。
スマイルジャパン、次こそ爆発するか

  • 栗原正夫●文 text by Kurihara Masao エンリコ/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS

 試合を終えて、あらためて惜しまれるのが浮田の欠場だ。浮田は初戦のスウェーデン戦でもゴールを決めてインパクトを残した。1月下旬にドイツとチェコを迎えて行なわれた壮行試合でも、4試合で最多の6ポイント(2得点4アシスト)を挙げるなど、攻撃力、特にゴールを期待された選手だった。山中武司監督も「日本人にないシュート力がある」と期待し、パワープレー時にはDFで起用するなど、戦術面でも重要な存在だった。

 この試合の後、同グループのもう1試合が行なわれ、スウェーデンが韓国と北朝鮮の合同チーム・コリアを下したことで、日本の決勝トーナメント進出の望みは絶たれた。日本はこのあと再び中1日でコリアと五輪初勝利をかけて戦い、その後にも順位決定戦など計3試合を残している。

 初勝利を挙げて、少しでも上の順位で終えることが彼女たちの次につながる。スマイルジャパンの戦いはまだ終わっていない。

◆ケガの癒えた羽生結弦に不安なし。「絶対に勝てる」シンプルな考え方>>

◆浅田真央「伝説のトリプルアクセル」を見た記者の体はブルブル震えた>>

■平昌五輪 記事一覧>>

関連記事