2018.02.09

渡部暁斗「金メダルを獲っても
レースがつまらなかったら意味がない」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 五十嵐和博(人物)、赤木真二(競技)●写真

 ハイレベルな戦いで、最後の最後までハラハラドキドキするレースを見せられるかですよね。そういうレースを見せたうえで金メダルを獲ってこそ、価値があると思います。平昌ではそれを普通にやってのけて、金メダルを獲って通過したいですね。それで試合のあとに、『何か、ジャンプがよくなかったんですよね』とか言ってみたいです(笑)」

 自分自身で映像を見て「カッコいい」と思えるジャンプを飛んで、クロスカントリー選手のように滑り、コンバインドという枠を超える戦いをしたい。それをするためには、オリンピックだから......ではなく、すべての試合に全力で取り組むべきだと渡部は説く。

 見ている人全員がおもしろいと興奮するレースをW杯や五輪、世界選手権のように大きな大会でなくてもいいから、場所や規模を問わずにやってみたいという。

 そんなモチベーションを持ち続けながら臨む渡部は、ノルディックコンバインドという競技で、これからも世界のトップ選手として輝き続ける。

(おわり)

◆浅田真央「伝説のトリプルアクセル」を見た記者の体はブルブル震えた>>

◆トリノで目撃した荒川静香の「超人的な冷静さ」と日本メディアの愚行>>

関連記事