2018.01.16

なぜ勝てないのか。高梨沙羅が
自身のジャンプを分析してわかったこと

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Tomura Atsushi/Getty Images

 実際、今はジャンプの内容を揃えられないし、それが結果にもつながっていますが、それをどうすればいいか考えている時間もすごく楽しいと思える。その壁を乗り越えた時はどのくらい嬉しいんだろうと想像しただけでワクワクしています」

 今季は冬季シーズン前のフィンランド合宿が気温の上昇などで十分に積めなかったことも、彼女の技術の完成を遅らせた要因だ。だが負けたことで高梨が学んだことも多い。かつてW杯初シーズンに女王のサラ・ヘンドリクソン(アメリカ)を目標にして「もっといいジャンプをしたい」と思っていたように、今はルンビとアルトハウスを超えたいと純粋に思っている。

 女王としての孤独な戦いではなく、明確な相手がいる戦い。これこそが本来の競技の姿であり、高梨自身も待ち望んでいたものだろう。

「これから調子を上げ続けて平昌五輪へ臨みたい」

 それが今の彼女の本当の気持ちだ。

◆本田真凜は、なぜシニアデビューで失速したのか。早くも迎えた正念場>>

◆アイスホッケーの美女GK藤本那菜「五輪メダルで恩返しをしたい」>>

■冬季競技 記事一覧>>

関連記事