2018.01.16

なぜ勝てないのか。高梨沙羅が
自身のジャンプを分析してわかったこと

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Tomura Atsushi/Getty Images

 ただ、そんな状況でも目立っていたのは、高梨の穏やかで明るい表情だった。以前は札幌大会で勝てないと「応援にきてくれた人に申し訳ない」と何度も口にしていたが、今回はそれも少なかった。その理由はルンビやアルトハウスの強さを認め、彼女たちに勝つためには何が必要かを考えることに集中しているからだろう。

「なかなか勝てないと『まだまだダメなんだな』という気持ちにもなるけど、自分が全然できていない中でも、まだ伸びしろはあるなと思えたし、まだまだ戦えるかなと思えるようになった。そうやってポジティブに考えられているのが成長したところだと思います。やっぱりみんな勝ちたいと思うのは一緒だし、私もそこを求めて練習をしてきているので、何とか食らいついて追い越せるように頑張っていきたい」

 昨シーズンはW杯9勝で総合優勝を果たしたとはいえ、自分の中ではジャンプを見失ってレベルの低い動きをしていたが、今シーズンは少しずつ改善されている。今はそれ以上に強い選手がいるだけだ。

「やっぱり強い選手がふたり上にいて、今の自分の実力では上がっていけないんだなというのを突きつけられているけど、その中でもその壁を乗り越えていきたいという強い気持ちを持って練習をしている。