2018.01.04

50歳のトレイルランナーが難関レースへ。
松田丈志がその真意を問う

  • 松田丈志●文 text by Matsuda Takeshi

 私が競技を続ける基準は、世界で結果を出せるかどうかだった。それが出せなくなったら、または出せないと感じたら、やめようと思っていた。

 私にとっては世界で結果を出すことが競技を続ける基準であり、モチベーションでもあった。

 では、鏑木選手が50歳でなお挑戦し続ける理由、モチベーションは何なのだろうか。

 私はそんなことを感じながら、鏑木選手のメディア会見と、その後の個別インタビューに臨んだ。

(つづく)

◆箱根「山の神」柏原竜二が語る引退の真相。「駅伝に逃げてはいけない……」>>

関連記事