2017.10.31

【月刊・白鵬】休場中に断食で10kg減。
4横綱そろう九州場所で復活へ

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

 実は、昨年の秋場所中にも断食を敢行。私なりに、その効果を実感していたので、またいつか実践したいと思っていました。しかしその後は、なかなかまとまった時間が取れずに再び行なう機会を得られなかったのですが、今回休場することになって、その期間を利用しました。足の負傷の治療と並行して、徹底的に体のケアをしようと考えたわけです。

 最近はファスティングとも言われる断食。今年は昨年より1日増やして、4日間チャレンジしました。ファスティングにもいろいろなやり方があるようですが、私の場合は水以外のものは一切口にしません。そうすることで、普段酷使している内臓を休め、細胞を活性化させる作用があるそうです。体のリセットみたいなものですね。

 実際、4日間で体重は10kg減りました。昨年は「ちょっとつらいな」と感じましたが、今回は体も、心も、さらに言えば、頭もスッキリしました。自分を見つめ直す意味でも、いい時間だったと思います。

 体の中にあったいろいろなものを出し切ったあとで、徐々に食事の量を増やしていって、今では元の体重まで戻しました。そうして、足の具合もよくなってから、巡業にも合流。そのときには、同じく秋場所を休場した稀勢の里や鶴竜も元気な姿を見せていました。

 4横綱がそろっての巡業は活気が違いますね。何より、来場したファンやお客さんたちのうれしそうな顔が見られてよかったです。

 私の他、3人の横綱も体調はよさそうでした。11月12日から開催される今年最後の九州場所は、ついに4横綱がそろって迎えられそうです。私にとっては、復活を期す舞台。みなさん、どうぞ注目してください。

■月刊・白鵬 記事一覧>>

■大相撲記事一覧>>

関連記事