2017.08.28

女子ジャンプはWエース。
沙羅のライバル、伊藤有希が「夏の女王」へ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Kishimoto Tsutomu/PICSPORT

「ソチ五輪の頃は、自分が世界のトップで戦うことまでは想像できていなかった。私は本当にちょっとずつ成長をしていくタイプで、あまり急激な成長は望めないと思うので、少しずつでも、着実に自分の力にしていければいいなと思います」

 こう言って笑顔を見せる伊藤は、多くの選手が敏感になっているスキーの長さも、「きっちり決めなくてもいいのではないか」と思っているという。その時の体重や状況に合わせて選べばいいという考えで、特に「この長さにしたい」というのはないという。そんなに細かいことを気にしないところが彼女の大きな武器であり、大舞台で何となく伝わってくる”大物感”につながっているのだろう。

 高梨もサマーグランプリ開幕戦で2位になったあと、第2戦では体重が200g足りなくてで失格したが、翌日の試合ではきっちり優勝して総合では2位と、今季も好調さを見せつけている。平昌五輪シーズンへ向け、日本ジャンプ女子ふたりがダブルエースとして戦うという期待が、さらに膨らんできた。

■冬季競技記事一覧>>

関連記事