2017.05.20

平昌五輪に一番乗り。スマイルジャパンの
美しきFW・足立友里恵

  • たかはしじゅんいち●文・撮影 text & photo by Takahashi Junichi

 女子アイスホッケーは、男子と違いボディチェック(体当たり)は禁止されている。それでも"氷上の格闘技"といわれる激しいパックの取り合いなので、ボディコンタクトが完全になくなるものではない。そんなアイスホッケーに北海道札幌市出身の足立が出会ったのは、小学校2年生の時。先にアイスホッケーを始めた兄のリンクへの送迎に同行するうちに、自分もやってみたくなり、のめり込んだ。

 彼女が日本代表強化選手に選出されたのは2003年。当時はまだ高校2年生で、札幌市内のクラブチームに所属していた。その後、早稲田大学スポーツ科学部に進学して拠点を東京に移し、SEIBUプリンセスラビッツに移籍。チームの中心選手として活躍しながら、2007年からは日本代表に選ばれ続けている。

女子競技のなかでも指折りの激しさ

 ただ、スマイルジャパンも少し前までは本当に"知られざる女子日本代表"という状態だった。日本代表選手が7人もいるSEIBUプリンセスラビッツにしても、日本屈指の強豪ではあるが、けっして恵まれた環境というわけではない。

「SEIBUプリンセスラビッツは、自分たちでチーム作りをしています。監督から与えられたことをやるのではなく、自分たちで考えてチームビルディングしたり、地域活動をしたり。でもそれがチーム力につながっていると思います」