2017.04.30

【月刊・白鵬】横綱が語る、
稀勢の里の激闘と「浅田真央の引退」

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

 横綱の強さを見せつけた稀勢の里の活躍は、先輩横綱として頼もしく感じましたし、私も改めて「がんばらなければいけない」という気持ちが強くなりましたね。

 春場所が終わると、春の巡業が行なわれました。私はその前半を休ませていただいて、母国モンゴルでケガの治療に専念していました。

 その間、ヨガに取り組んだり、軍隊向けのトレーニングをしたり、結構ハードなリハビリメニューをこなしていたんですよ。今回はモンゴルでも所用に追われることなく、そうやってリハビリに専念できたことで、体だけでなく心も洗われた感じがします。

 そのおかげで、4月17日の靖国神社奉納相撲から春巡業に帯同。巡業の稽古では、宇良など若手力士に胸を出すこともできました。

 そうしたときに飛び込んできたのが、長年フィギュアスケート界を引っ張ってきた、浅田真央選手引退のニュースでした。

浅田真央選手の引退について語る白鵬 彼女のことについて、一番印象に残っているのは、やはり2014年のソチ五輪でのフリーの演技です。

 これまで、見ている人をあれほど惹きつける演技があったでしょうか。さらに演技を終えた瞬間の、彼女の何とも言えない表情……。努力に努力を重ねた者にしか浮かべることのできない表情だった――私には、そんなふうに見えました。