2016.12.30

2017年も絶対見たい!
スポーツ界を彩る美女アスリート10選

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva

(c)ロイター/アフロエリザ・マッカートニー(20歳)

ニュージーランド/陸上・棒高跳び

笑顔を絶やさず、最年少で五輪メダリストに

 女子棒高跳び界の「生ける伝説」ロシアのイシンバエワを欠いたリオ五輪で、4m80cmを記録し銅メダルを獲得。19歳と252日でのメダル獲得は、同種目での最年少記録となった。大会後、イシンバエワがリオ五輪の金メダリストについて「本当の意味での勝利とはいえない」とコメントしたのに対し、「問題は誰が出場できたかということ」と反論する強気な一面ものぞかせた。

 身長179cmとモデル級のスタイルで、本国でも企業の広告塔となるほどの人気ぶりだが、競技中にみせる愛らしい笑顔に日本でも注目度が上昇。2020年の東京五輪で活躍する姿を待ち望むファンは多い。