2016.11.16

実は男子も強い。「超攻撃的
カーリング」のSC軽井沢がアジア王者に

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

 このPACCの結果により、SC軽井沢は来年4月にカナダ・エドモントンで開催される世界選手権の出場権を獲得した。前述のスイス・バーゼル大会と合わせて、エドモントン大会は2018年平昌五輪の選考を兼ねている。バーゼル大会で4位という結果を残したSC軽井沢は、世界選手権の出場12カ国中、中位以上の成績を残せば、男子カーリング競技では1998年長野五輪以来、20年ぶりの五輪出場は間違いないだろう。

 SC軽井沢のメンバーは、「カーリング選手です」と自己紹介すると、「えっ!? カーリングって、男子もやってるの?」と、言われることが多いという。日本選手権などの大舞台でも、観客の目やメディアの興味は、ほとんどが「カー娘」ともてはやされる女子チームに集中している。

「男子もよろしくお願いします」

 苦笑いを浮かべながらそう訴える両角友の姿を、これまでに何度見てきたことか。しかし、そうした状況はもはや過去のものになりつつある。アジアを制した今、次なる目標は世界の頂点となる。優勝後の会見で、山口は言い切った。

「世界選手権で金メダルを目指します!」

■冬季競技 記事一覧>>

関連記事