2015.11.30

【体操】補欠からエースに。19歳、村上茉愛がリオ五輪へ急成長!

  • 椎名桂子●取材・文 text by Shiina Keiko
  • 岡本範和●写真 photo by Okamoto Norikazu

 それでも、笑顔でチームの優勝に向かって、仲間を鼓舞し続ける鶴見の姿に村上は、これからの自分のあるべき姿を見ていたようだ。

 14歳で全日本チャンピオンになり、6連覇を果たし、世界選手権のメダルも獲得した偉大な先輩を、「ずっと手の届かない人」だと思っていたという。それが、日体大に入ると同じ体育館で練習するようになり、その無駄のない練習ぶり、ストイックさなどに学ぶところが多かったという。

 その鶴見が、引退してしまうことによる村上の喪失感は大きいだろうが、「自分も鶴見選手みたいになれるように」という決意はさらに強固なものになったはずだ。

 世界選手権で自信をつけ、鶴見の引退により自覚が芽生えた。

 2015年は村上を大きくジャンプアップさせる年となった。来年のリオ五輪では、チームの中核として躍動する姿を、そして世界選手権で見せた、あの『BIG SMILE』を再び見せてほしい。

■体操・その他競技 記事一覧>>

関連記事