2015.08.21

スポルティーバ句会。名句はスポーツシーンから生まれる…… 

  • 石塚 隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • 村上庄吾●写真 photo by Shogo Murakami

 続いて3点句となった『テニス部のあの子の汗はきっと甘い』(作者・高森勇旗)は、男心をくすぐる作品として評価された。

 ●堀本評
 まず『あの子』というところに、作者の気持ちや思い入れを強く感じますね。おもしろいのが最後の五音を「下五」と言うのですが『きっと甘い』は一音多く、字余りになっている。この字余りによって、さらに甘さが引き立っているように感じたし、ここは巧いこと使ったなと。この字余りからは青春が滲んでいるようなイメージを受けます。

●じゅんいち評
 どんなに可愛い子でも汗は絶対に甘くないですし、そこがおもしろくて選びました。そんなわけないやんって(笑)。ただ。硬式テニスのほうが軟式テニスよりは甘いかもしれませんねえ。回転ですか? これは掛かってますね。無回転であれば、『あの子の汗も甘くない』になりますから(笑)。

●作者(高森)評
 学生時代、野球部の汗は臭いと言われていたので、それに対するカウンターの意味で作ってみました。汗なんかどの部活も一緒じゃないかと思ったんですが、ひょっとしたらテニス部だけは甘いかもしれないと。これがバスケ部やソフト部だとちょっと違うんですよね(笑)。字余りの箇所はちょっと中学生感を出したかったというか、『きっと』という言葉も可愛かったんで、使ってみたいなと思いました。

「俳句が好き」という高森勇旗氏。解説にも力が入る

 人によって解釈が異なる俳句の世界は、あらゆるスポーツの情景を豊かに想像させてくれる。読者の方々は、どの句を高く評価し、おもしろいと思っただろうか?

 ところで、まだじゅんいちダビッドソン氏の俳句が講評されていない。果たして次回、じゅんいち氏の『無回転俳句』は読まれることになるのか? 俳人の心も動かせるのか? 注目である。
(つづく)

 【profile】
堀本裕樹(ほりもと・ゆうき)
「いるか句会」「たんぽぽ句会」主宰。創作の傍ら、老若男女幅広い層へ俳句の豊かさや楽しさを伝えることをテーマに活動中。近著は又吉直樹氏との共著『芸人と俳人』(集英社)

関連記事