2014.12.31

【2014年回顧】最多・最長・最大・史上初。そして激震!

 その約1ヶ月後、ガンバは2冠目を獲得する。首位で迎えたJ1リーグ最終節、ガンバは徳島ヴォルティスと引き分け、2005年以来9年ぶり2回目のJ1優勝を果たしたのだ。最大勝ち点差14からの逆転優勝は、Jリーグ史上初の出来事である。

 そして、最後に残されたのは天皇杯。J1チームが次々と敗れる中、ガンバは白星を取りこぼすことなくトーナメントを上がって行った。そして12月13日、モンテディオ山形と対峙した決勝戦を3-1で制し、前身の松下電器時代を含めて4度目の天皇杯制覇。これによりガンバは、2000年度の鹿島アントラーズ以来となる、14年ぶり史上2チーム目の「国内3冠」を達成した。

関連記事