2014.12.31

【2014年回顧】最多・最長・最大・史上初。そして激震!

 そして2014年も、やはり「白鵬の年」だった。3月場所のみ3敗を喫して優勝を逃すものの、それ以外の場所はまさに横綱相撲。1月場所では史上最速76場所での通算800勝を達成して優勝し、5月場所と7月場所も制し、そして9月場所では千代の富士に並ぶ通算31度目の幕内優勝を果たした。

 残す11月場所も勝てば、「昭和の大横綱」大鵬の持つ歴代最多の優勝回数に並ぶ。白鵬はこの場所でも変わらぬ強さを発揮し、白星を積み重ねていった。8日目には史上1位となる8年連続8回目の年間最多勝を確定させ、13日目には単独トップ。そして、千秋楽結びの一番では横綱・鶴竜を寄り切りで下し、大鵬に並ぶ32回目の幕内優勝を成し遂げた。

 2015年の1月場所は1月11日、両国国技館で初日を迎える。来年早々、白鵬が笑顔で賜杯を掲げたとき、前人未到の大記録を相撲界の歴史に刻むことになる。

2014年プレイバック (19)
日本バスケ界に激震。リーグ統一できず国際試合の停止処分決定

 2014年10月、日本バスケットボール界が抱えていた問題が、スポーツ新聞の一面を飾った。国際バスケットボール連盟(FIBA)が日本バスケットボール協会(JBA)に対し、「JBAのガバナンス(統括)強化」「育成を含めた男子強化」「トップリーグ統一」の3点を要求していた問題である。

 特に問題視されていたのは、NBLとbjリーグという異なるふたつのトップリーグが並存している状況だ。この問題は、最近になって急に湧いて出てきたものではない。「トップリーグは一国にひとつ」と提示しているFIBAは、2009年ごろから日本トップリーグの分裂について警鐘を鳴らし、JBAの国内統治能力の弱さを指摘してきた。しかし、それから5年が経過しても進展のないことから、FIBAは期日を決めて改革を要求したのである。