2012.10.22

【カーリング】日本代表決定戦、
中部電力・市川美余が女王の貫録を示せるか

  • 竹田聡一郎●文 text&photo by Takeda Soichiro

 日本選手権同様に激戦は必至だが、こうして見ると、日本選手権で全勝優勝を果たしてから、世界の各都市でさらなる地力強化を図ってきた中部電力が最も質の高い準備をしてきたことは間違いない。海外遠征では中国や韓国のチームとも互角以上の勝負を展開し、2010年バンクーバー五輪でイギリス代表のスキップを務めたミュアヘッド率いるチームをオスロの大会で撃破するなど、結果も出している。

 国内はおろか世界を見据えた強化を続けてきた中部電力の実力は、一枚抜けているだろう。実際、「代表決定戦というか壮行試合に近いんじゃないか。勝つのは、中部電力」と公言する関係者さえいる。

「オリンピックに出るのが夢です」とチーム発足当時から公言してきた中部電力の市川は、代表決定戦を間近に控えて「言葉だけで終わらせたくない」と並々ならぬ闘志を見せる。昨年11月のPACCで最下位となった際、ソチへの道が次の世界選手権出場しか残されなくなっても、彼女は「ソチへは行きます」と涙をこらえて断言した。

 あれから1年。再び国内のライバルを倒し、有言実行を果たせるか。市川がソチへのラストチャンスに踏み出す。

関連記事