2021.12.29

「あまり考えずに過ごしてきた」から「夢の続きをしっかり描く」へ。羽生結弦が北京五輪に対する意識の変化を語った

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

【「勝たないといけない場所」】

 4回転アクセルを4分の1回転程足りない回転で転倒するようになった時、「ここで終わらせてしまったら裏切りになる。ここでやめられない」と思い、北京五輪まで覚悟を持ってやらなければいけないと腹を決めた。

「五輪は発表会ではないんです。僕にとってはやっぱり、勝たないといけない場所なんです。2連覇もしているところだから、その2連覇を絶対に失いたくないし......。だからこそ決意を持って、絶対に勝ちにいきたいと思いました」

 勝つための戦略。それは単純で、4回転アクセルをGOE(出来ばえ点)でプラス加点をもらうジャンプにした構成だ。

「はっきり言って勝つためには、4回転ルッツとか4回転ループを入れるという構成は現実的ではないと思います。これから1カ月半しかない状況でやれることはたぶん4回転アクセルくらいだから、しっかり練習したいと思って。あとはショートに関しても、(全日本選手権で)よかったのは4回転サルコウくらいでまだ完璧なところまではいってないので。それが点数につながるかどうかはわからないけど、詰めて、詰めて練習をしていきたいなと思います」

 そう話していた羽生は、そのあとのアイスショー「メダリスト・オン・アイス」では昨季のSP曲だった『レット・ミー・エンターテイン・ユー』を演じた。「今シーズンのプログラムは自分が表現したいことを突き詰める構成を選択しているが、このプログラム(『レット・ミー・エンターテイン・ユー』)はみんなに楽しんでもらいたいと思って選んだ」と話した。

 その冒頭には4回転トーループを跳んだ。そして、彼のエキシビションプログラムの代名詞でもある、大きく舞い上がるシングルアクセルも入れ、激しく舞いながら観客とともに気持ちを盛り上げようとするステップシークエンスを披露。キレとスピードのある滑り。北京に戦いにいく攻めの気持ちを、氷上でそのまま見せつけるような演技だった。

関連記事