2021.12.27

樋口新葉は4年前とここが違う。五輪代表の座をたぐり寄せたトリプルアクセルとメンタル

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

【「SPでもトリプルアクセルを跳びます」】

「いつもと違うシーズンの過ごし方だったんですけど、体調管理だったり、ケガをしないことだったり、すごく気を使いながら過ごしていて、調子が100パーセントではなかったけれど、全日本までどのように練習してくればいいのか、いいことも悪いことも想像してきていたことが、今日までつなげられたかなと思います」

 SPでは大技の回避を決める一方、フリーで武器のトリプルアクセルに挑むことを大会前からしっかりとイメージできていた。自分がこの4年間に積み重ねてきた練習は、トリプルアクセル習得だけではないことを証明したいという気持ちが強かったようだ。

「4年前は勝つことだけを考え、すごく狭い気持ちの中でスケートに向かっていて、スケート本来の楽しさだったり、面白さだったりを感じられないままシーズンを過ごしていました。それが、この1、2年はスケートに向き合って、自分のなかですごくスケートが楽しい。つらいことがたくさんありますし、試合で結果がでなかったり、自分の力が発揮できなかったりすることもたくさんあったんですけど、それもプラスに変えられるような気持ちで戦ってきたので、それが本当に大きく変わりました。

 今回の全日本も、オリンピックに行くということだけではないのがスケートだと思って、結果がついてきても、そうでなくても、すごくよかったと思えるように練習してきたので、それを出しきれたのがすごくよかったです」

 一方で今季は、武器のトリプルアクセルを磨き続けてきたシーズンでもあった。試合で成功させるレベルまで習得に励み、ようやくモノになってきた実感も生まれた。ロシア勢にはトリプルアクセルや4回転ジャンプを跳ぶ選手が出現しているだけに、今後はSPでも大技を組み込む必要があるだろう。

「まだまだこれから先、大きな舞台で滑る機会があればいいなと思うので、そういうところでも落ち着いて、思い切り跳びにいけるメンタルを作れるような自信を持てる練習をしていきたいと強く思っています。もし北京五輪に行けたら、もちろんSPでもトリプルアクセルは跳びます。オリンピックでは自分のやりたいことをそこで出しきりたいと思うので、自分が持っているものを最大限に生かした試合にしたいなと思います」

 大会終了後、坂本花織、河辺愛菜とともに、樋口の北京五輪代表選出が発表された。

関連記事