2021.11.26

宮原知子が語る五輪シーズンへの思い。「自分を信じられなかった」時期を乗り越え、「緊張とうまくつき合えるようになった」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Getty Images

ーー単刀直入に聞きますが、全日本選手権での勝算は? 

宮原知子(以下、宮原)
 それは......誰にも(結果がどう出るか)わからないと思っています。ただ、私は全日本に向けてできる限りの準備をして試合に臨んで、精一杯やりきり、自分の演技に納得できたら一番かなって。全日本でショート・プログラムもフリーも自分の納得いく演技ができるように、毎日頑張りたいという気持ちでいます。

ーー自分に厳しいというか、自分を見つめる強さを持っている印象です。 

宮原 逆に自分を見つめすぎて、対処しきれていない気がします(笑)。どうしても緊張するところがあって。緊張にもいろいろな種類があると思うんですが、うまく自分のパフォーマンスができる緊張と、慎重になりすぎて不安に襲われてしまう緊張と......。ここ2シーズンは自分を信じられず、(後者のほうの)やっぱり失敗しちゃうんじゃないかっていう緊張が強かったんで。