2021.11.22

「自分は今何をすればベストか」。鍵山優真がGPファイナルへ1位進出。好結果の背景にある冷静さ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Getty Images

 だが、最後のトリプルアクセルは、「踏切まではよかったが、少し体を開くタイミングが遅れた」と、着氷でステップアウトしてしまうミス。それでも昨季の世界選手権で出した自己最高に0.54点差まで迫る100.64点を獲得し、2位に10.88点差をつける1位発進。

「トリプルアクセルのミスは悔しいですが、ジャンプ構成を昨シーズンのものに戻して臨んだことで、大きなミスはなくうまくまとめられたかな、と。小さなミスがあっても100点台に乗せられたのは、自分の成長だと思います」

 鍵山はそう話し、納得の表情を見せた。

 前戦イタリア杯のSPのミスは、「自分の弱さを経験できた」と整理し、今大会は現地入りしてからの行動も昨季の世界選手権でうまくいった経験を生かし、公式練習から体を多く動かしたり、動きを変えたりした。構成変更を含め、「自分は今何をすればベストか」ということを、コーチでもある父・正和氏のアドバイスを取り入れながら、冷静に分析し実行したのだ。

 その冷静さは翌日のフリーでも、今季から挑戦している4回転ループを入れないという判断で存分に発揮された。鍵山は「自分のなかではショートの結果を見て、4回転ループを入れてもいいかなという感じだったが、考えてみるとまだまだサルコウやトーループのように安定していないので。そこで失敗して後半でボロボロになるより、まとめるほうがいいかなと考えて今回は回避しました」と説明する。