2021.10.11

坂本花織が吐露した「大人の女性になりきれない」もどかしさ。大会優勝も「ボロボロでした……」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 坂本 清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

「連戦をすることで、試合の緊張感に慣れてくる、というのもあるかもしれません。微妙に試合の間隔が開くよりは、続けてやろうと。連戦のほうが、自分にはいいかなって。疲れは取りきれないですし、10代の時の機敏さはどこにいったんやって思いますけど(笑)」

 彼女はそう言って戯(たわ)けた。

 ショートプログラム(SP)、リンクに立った坂本はひとつに束ねた長い髪を揺らしていた。目に力が入り、恵まれた体躯(たいく)に気力がみなぎると、空気を変える力があった。いつものように高く、遠くへ飛ぶダブルアクセルは完全無欠で、3回転ルッツもアテンションはついたが、力強かった。

 ただ、滑り出した時から「異変」を感じていたという。1つ目のスピン、脇腹と左脚ふくらはぎがつる。予感は的中し、競技中につるのはジュニア時代以来だった。それでも気合入魂で、3回転フリップ+3回転トーループの連続ジャンプをどうにか跳んだ。

「今までの練習はなんだったのって感じで」

 SPは首位に立ったが、坂本は口惜しげに言った。