2021.03.27

宇野昌磨、悔しくて楽しいと笑顔。世界選手権が無観客開催の影響を語る

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 田口有史●撮影 photo by Taguchi Yukihito

 最後のトリプルアクセルをいつもどおり跳ぶことができたら、首位を争う100点に届いたかもしれない。

「まったく緊張はしなくて。例えば(昨年の)全日本選手権のときは公式練習から舞い上がってしまい、妙にテンションが高かったんですが、今日はずっとフラットな気持ちで、"フツーに"挑めていたんです。それが最後のジャンプを前に、"ノーミスでいけるかもしれない"っていう欲が出てきて体が縮こまってしまった。十分に降りられるジャンプだったので、最後まで"フツー"にやっていればできたんじゃないかなと」

 宇野はそう振り返る。

 最後のトリプルアクセルは失敗するような前兆はなかった。高い完成度を誇るジャンプである。しかし、フィギュアスケートはデリケートなメンタルスポーツということか。

 あるいは、彼自身が口にした「欲」が影響したかもしれない。欲は飼いならしがたい「ケモノ」のようなものである。それは技術を改善させるものでもあって、楽しむと同居し、仲がよさそうに映る一方、気持ちを上ずらせ、集中を奪うものでもある。"フツー"な心理状態で、一気に巨大化する欲のうごめきを抑え込むのは至難の業だ。