2021.02.01

臥薪嘗胆。樋口新葉は五輪出場とメダルまでの距離を計算している

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 坂本 清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

 あくまで皮算用だが、2本のトリプルアクセルを入れられた場合、世界の有力選手にも近づける武器となる。彼女の照準は、五輪に出るだけではない。檜舞台で、メダルを取るまでをイメージしているのだ。

 五輪イヤーは独特で、世界はどのようにでも転がる。

 前回の2018年平昌五輪、樋口は大会前に2年連続で全日本選手権2位の好成績を収めるなど選考が有力視されていた。しかし、五輪イヤーに台頭して全日本2位になった坂本花織に逆転される形で、惜しくも出場を逃している。臥薪嘗胆。五輪が迫った1年の重みを、誰よりも知っている選手と言えるだろう。

「(五輪イヤーのオフは)まずは2年ぶりにプログラムを変えることになるので、どういう曲がいいのか、というところから、構成を何パターンも試したいと思っています。そこで一番を見つけ出し、仕上げていきたい。他の人の演技や自分の演技を研究して、強みに変わるようなプログラムにできるように」

 そう語る樋口に、不安の色は見えなかった。はたして、力を最大限に引き出す、最高のプログラムに巡り会えるのか。

「今年は大事な1年になると思うので、プログラム作りを含めていつも以上に敏感になって。攻める気持ちでやっていきたいです。五輪に出たい、メダルを取りたい、というのは目標ですが、そのためにはまず、全日本でトップに立つような演技が必要で。今の自分はそこにはいない。できることを完璧にやりながら、ダントツで勝てるような自信を持って試合に臨めるように」

 1年をかけた樋口の"計"は、すでに始まっている。

関連記事