2021.01.06

修正・改善・進歩。紀平梨花は女子フィギュアスケートの革命家だ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by JMPA/Enomoto Asami

 コロナ禍でも、紀平は毎日3時間近く氷の上に立って、客観視した厳しいトレーニングを続けてきた。他にダンス、バレエ、フィジカルトレーニングとメニューはハードだった。筋肉を極限まで使い、動きが鈍くなったのを感じ、曲かけ練習はボロボロになりながらも、休養すると体が軽くなるのを確かめ、成長を遂げてきた。

「試合がいつあるかわからず、予定があっても本当にあるのか、モチベーションの維持は難しかったです。そこで新しい環境に飛び込んで、毎日のように筋肉痛になって。挑戦が正解か、わからない中でした。でも、集中してやってこられましたし、試合になったときの強みが自分の強みかなって」

 18歳とは思えない、自己分析である。舌足らずな喋り方で、可愛らしくおっとりとして映るが、競技への向き合い方は完璧主義的で、極めて敏感。スケーティングそのものを職人的に追求し、自己鍛錬するタイプとも違う。スケーティングを見たこともないものに刷新する革命家的だ。

「カタツムリのような進み方で」

 紀平は、自らの成長をそう評している。しかし、その速度は進化というに近い。彼女自身が、女子フィギュアスケートをアップデートしているのだ。

 今年3月、世界選手権で紀平はロシア勢と"時代"をかけて戦う。

関連記事