2021.01.06

修正・改善・進歩。紀平梨花は女子フィギュアスケートの革命家だ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by JMPA/Enomoto Asami

ーー安藤美姫選手以来、日本人女子選手史上2人目の4回転ジャンプ成功になりましたが?

 質問した記者は、4回転サルコウ成功という偉業の系譜を引き出したかったのだろう。

「今日、初めて知って」

 紀平はこともなげに言った。彼女は誰かと自分を少しも比べていない。自分の演技の改善がすべてなのだ。

「トリプルアクセルも、4回転も、どちらも決められたのは自分の中で大きくて。疲れがたまったのか、(全日本は)はまるジャンプが少ない中、両方とも着氷できたことは自信になると思います。でも、すごく難しいプログラムで、まだ完全な構成にはなっていません。(最後の)ルッツも痛みがあってやめています(*ダブルアクセルに変更)。もっといいジャンプを跳べたっていう感触があって、あと10点は出せるように。これから反省し、体力、筋力、試合での集中などあらゆるところを修正していきたいです」

 彼女は徹底して、「紀平梨花」という選手の能力を高める。自らを俯瞰することで、修正、改善、進歩を促しているというのか。事実、難易度の高いトリプルアクセルも今や意のままに操る。調子が悪くても、どうにかまとめられる。過去、現在とトリプルアクセルを跳んだ選手はいるが、成功率の高さでは誰も及ばないだろう。