2020.12.31

樋口新葉はトリプルアクセル挑戦にこだわる。北京五輪へ前進あるのみ

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

 それから9カ月後、コロナ禍でイレギュラーなシーズンを迎えると、今季初戦となる東日本選手権のフリーでもトリプルアクセルを跳んだ。完璧なジャンプではなく、GOEでも減点がついたが、今後もコンスタントに試合でトリプルアクセルを組み込んでいくという覚悟を見せた。

 得点が伸び悩んでも、順位が悪くても、表彰台に上がれなくても、とにかくトリプルアクセルを完成形に持っていくことを最優先にした樋口は、次戦のNHK杯では初めてSPでトリプルアクセルに挑戦。失敗はしたが、この挑戦が次へのステップになった。フリー冒頭で跳んだトリプルアクセルを試合で初めてクリーンに着氷させたのだ。しかし、「成功」とまでは言えなかった。今季から導入された4分の1回転足りないジャンプの「q」マークがつき、GOEで減点されたからだ。それでも、大技が完成に近づきつつあると言ってもいいだろう。

 今季後半戦については、コロナ禍のために大会参戦の予定はいまのところない。2021年2月に開催予定だった四大陸選手権は中止となり、3月の世界選手権も開催が不安視されている状況だ。先行きが見通せない中でも、樋口のやるべきことは明確だ。それは来季の北京五輪シーズンまでに、トリプルアクセルを確実な武器にすることだ。

「トリプルアクセルについては、この1年は、昨年からしたらすごく成長できた1年だったと思います。昨シーズンはアクセルをやりたかったけどできないことが多くて、今季はケガもなく、自粛期間もあった中で、すごく大きく成長ができたと思うので、来シーズンにつながると思います。

 自分の感触としては、NHK杯フリーでのトリプルアクセルが一番、自信がつきました。『q』マークはついてしまったんですけど、試合で跳ぶという感覚を持てて、一番良かったと思います」

 そして、すでにその心は来季に向けられていた。

「今シーズンいろんな大会に出て、トリプルアクセルの挑戦をしてきて、すごく収穫になりました。来シーズンは安定して高い点数が取れるような、自分に合ったいいプログラムを作って、悔いの残らない1年にできたらいいなと思います」

 あともう一歩まで迫った平昌五輪代表を逃した樋口だけに、悲願の北京五輪代表入りまで前進あるのみだ。

関連記事