2020.12.28

髙橋大輔&村元哉中が進む曲がりくねった道。全日本の経験を次に活かす

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

初の全日本選手権を2位で終えた髙橋と村元のカップル初の全日本選手権を2位で終えた髙橋と村元のカップル 「朝の練習で、相当に痛そうだなと心配していました。(村元)哉中ちゃんは、『何とかします』『大丈夫』って前向きで。自分がしっかりサポートしないとな、とは思っていました」

 髙橋は言う。一方で村元も、その気持ちに共鳴していた。

「See you in heaven」(天国で会いましょう)

 4番目の滑走、演技の前に見つめ合った時、村元は英語でささやいている。バレエ曲『ラ・バヤデール』が悲恋の物語で、恋人同士が幻想の中で踊るときのセリフ。それは緊張するパートナーの気持ちを和らげるためのものだった。

「会場に入って、アップをしながら、(髙橋)大ちゃんが心配して声を掛けてくれて。朝の練習の時よりはコンディションがよかったし、踏ん張りもきいたので。とにかく『大丈夫』って伝えました」

 村元は言うが、万全なはずはない。渾身の力を振り絞るつもりだった。

 冒頭、ふたりはコンビネーションスピンから無難に入り、ストレートラインリフトからローテーショナルリフトの流れは鮮やかで、11.51点と高得点を出している。ワンフットステップシークエンスでは、髙橋のウェーブのかかった髪が風になびき、村元のティアラが明るく輝いた。順調な流れだった。