2020.11.12

佐藤駿、成長に手応え。「ジャンプ以外にも目がいくようになった」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「関東選手権の後はSPの曲かけ練習もたくさん行ない、ノーミスの演技ができるようになっていたので自信を持って臨めました。4回転ルッツでミスをして課題は残りましたが、トリプルアクセルで立て直せてよかった。これまでは6分間練習でルッツを跳ぶことはまったくなかったけれど、今回は跳べたので少し成長できたと思います」

SP演技の佐藤。4回転ルッツに課題が残ったSP演技の佐藤。4回転ルッツに課題が残った  佐藤を指導する日下匡力(ただお)コーチは、SP前日から公式練習や6分間練習の組み立てを変えることを意識し、時間配分について指示を出していたという。「特に6分間練習で4回転ルッツにトライするために、他のジャンプをいかにコンパクトにするかを意識して組み立てました」と日下コーチは話す。その新たな試みに、佐藤は手応えを感じていた。

 翌日のフリーは、6分間練習できっちり決めていた4回転ルッツがオーバーターンになってしまったが、佐藤としては「ルッツの調子はよかった。オーバーターンになったけれど、かなりいい形で跳べた」と納得するものだった。しかし、次の4回転サルコウはアンダーローテーションで転倒。3本目の4回転トーループはしっかり着氷したが、その直後にスリップして転ぶ、思わぬ失敗になった。「自分でも降りることができたと思ったので安心してしまった」と振り返る。

 それでもその後の4回転トーループに2回転トーループを付けて立て直すと、後半のトリプルアクセル2本は連続ジャンプも含めてしっかり決めた。最後の3回転フリップからの3連続ジャンプは、1つ目のジャンプの着氷が乱れ、次のオイラーはダウングレード、3つ目のサルコウは2回転になった。「フリーも練習ではノーミスの演技ができていたが、本番は後半がきつかったので、もっと滑り込まなければいけない」と、佐藤は反省を口にした。