2020.10.05

羽生結弦は新たな地平を切り開く。ロシアで語ったブレない信条

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Noto Sunao(a presto)

無料会員限定記事

 最初のルッツを4回転にする構成はかねて予定していたが、GPシリーズ初戦から組み込む決定を下した。羽生はこう説明した。 

ロシア大会で、フリーの曲かけ練習をする羽生ロシア大会で、フリーの曲かけ練習をする羽生 「練習をしていて、初めから『ルッツを入れられるな』と思いました。五輪へ向けてどんどん試合を重ねていくわけですが、実際には試合数も限られています。試みた回数というのも一つひとつ大事になっていくと思うので、その意味でも、できるだけ挑戦したいと考えました」

 このシーズン初戦のオータムクラシックで学んだのは、「全力でできないことが、集中力を鈍らせる」ということだった。右膝に不安を抱えて4回転ループを封印したことで、フリーは後半のジャンプへの意識が過剰になった。現状をしっかりと分析して冷静に判断しているかに見えたが、それが集中力につながらなかったのだ。

 難度の高い構成に挑戦してみて、もしうまくいかなかったらまた構成を変える選択もできる。それを早めにハッキリさせるためにも、まずは挑むことが大切と考えたのだろう。

「集中力を途切れさせないためにも、今の自分の実力をいちばん発揮できる構成、いちばん本気を出せるプログラムでやりたいと思っています」

 この言葉どおり、挑戦こそが羽生の信条ということだろう。